日経225先物

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX以外の投資

日経225先物

日経225とは、日本の経済を支える225社の会社株価を平均した株価指数の事をいいます。この日経225以外にも、東証が発表しているTOPIXなどの株価指標があります。東証が発表しているTOPIXの方が、1600以上の上場企業の平均から割だした株価指標なので、日本の株価指標をより正確に表してはいますが、日経の株価指標の方が歴史が古いことから、日本では最も信頼性の高い株価指標として知られています。

この日経225株価指数を金融商品とした取引が日経225先物になり、現物を扱わない架空の取引となります。日経225の場合、実際に企業の株券の売買している訳ではなく、株価指数を目安に証拠金が増減する取引になっています。

実際に株式を売買する現物取引に比べて、日経225先物では証拠金を預けて、レバレッジを掛けて取引をおこなうので、少ない元金で大きな利益を出すことが可能です。 日経225先物取引は、他の先物取引と同じく一定期間までの株価指標を予測して、未来において取引する価格を決めて、あらかじめ売買契約を結んで行います。

証拠金とレバレッジをかけて行うので、日経225先物では自分が預けた証拠金の10倍以上の掛け金で取引が行えます。この為、10万円が100万円になる可能性も多いにありますが、その逆に損失が発生する場合もあります。

このような大きな取引になると、失敗した場合が怖いという人の為に、同じ日経225の株価指標によって行える日経225miniという取引もあります。日経225miniでは日経225先物の1/10の単位でしか取引ができず、ローリスクローリターンの取引を望む人に好まれています。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved