CFD

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX以外の投資

CFD

CFD(差金決済取引)は、外貨だけを扱うFXの銘柄を、外貨以外の商品でも扱っている投資商品です。CFDで扱う銘柄は、非常に様々な種類があり、金や原油等といった商品であったり、外国の債務に投資することも可能です。

CFDはFXと同じく証拠金とレバレッジで、投資をおこなっていきます。この為、少ない元金でもレバレッジをかける事で、大きな利益にする事が出来ますが、逆に大きな損失となる事も少なくありません。FXと同じく、高額の元金を必要とする株式よりも、安価に投資を行う事ができます。

株式投資では、通常1000株単位での取引が基本となっていますが、CFDの場合は1株ずつ取引を行うことが可能で、株式投資に比べてCFDは手数料も安く、一般人が手を出しやすくあるのが特徴です。

株式投資をやってみたかったけど、資金の関係で扱えなかった人が、CFDで少ない単位で投資を体験する事ができます。ただし、1株から購入が可能なCFDでは、株式を購入しても株主優待は受ける事ができません。

また、これまでの株式投資を行ってきた人にとって、CFDのシステムはあまり都合のいいものではありません。株式投資では長期間株を保有して、 時間をかけて取引を行いますが、CFDの場合、ひとつの商品を長期間保有していると金利がかかる事になります。この為、FXなどでデイトレードがあっていると感じた人は、CFDの取引も問題なく行えるでしょうが、短期的な値動きで判断するのではなく、長期的な取引を好む人は、CFDには向いていません。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved