現物株取引

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX以外の投資

現物株取引

現在では、世界的にFXも知れ渡る事となりましたが、知名度などは昔から行われている株式投資が一般です。そもそも、株式とは企業が新しく会社を立ち上げる際などに、自分たちではまかなう事ができない資金を集める為に、会社の権利を細かくして他の人に買い取って貰うものです。

多くの人に株を買って貰えれば、株式が分散してリスク分散する事亜が出来ます。また、創業まもない企業であっても大金を得る事ができ、新規事業を行うのにあてる事ができます。

この株取引は、基本的には100~1000を1単位で取引しており、一般人は簡単には手を出せるものではありませんでした。数百から一千万単位の元金が必要となるので、投資を行ってみたくても資金がなくて取引を行えないという人が多くいました。しかし、FXの場合は現物ではなく、証拠金を預けてレバレッジをかけて取り引するので、数万円の元金で100万円近い取引を行う事が出来るのが、株式とFXの違いです。

基本的に長期的な取引が求められる株式投資は、FXに比べてリスクが少ないように感じられていますが、株式ではある日突然投資した企業が倒産する可能性があり、万が一倒産した場合には、1円も保証される事がありません。

この為、ある意味ではFXよりもハイリターンとされています。株式の場合は、企業が倒産してしまえば株式は紙きれとなってしまい、今ある資産は全て失われる事になります。また、FXでは時間をえらばずに投資が出来ましたが、株式では日本の市場が開いている15時までしかできないといった制約があります。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved