外貨貯金

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX以外の投資

外貨貯金

外貨貯金とは、日本円で貯金を行うのではなく、外国の通貨で自分の資産の一部を貯蓄する投資方法です。外貨貯金のメリットは、世界でも最低水準とされる低金利の円に代わり、外貨で貯蓄しているだけで、円よりも高金利での貯蓄が可能になります。

日本で外貨貯金出来る通貨のほとんどが、円よりは高金利とされているので、単に円で貯金しているよりは、高い金利がつく事になります。しかし、金利が高くつくだけであれば、誰でも日本円ではなく、外貨貯金を行っています。

外貨貯金自体を知らないという事も考えられますが、みんなが外貨貯金を行わないのは、日本円を外貨に換える際にかかる手数料や、為替レートによって外貨で貯金した方が損してしまう可能性があるからです。

また、一般的な日本円の貯金では、銀行が破産した場合に、ペイオフ制度の対象となるので、資産の一部は必ず保証されます。しかし、外貨の場合はペイオフの対象外になるので、万が一、外貨を預けた銀行が倒産すれば、1円も保証はされません。外貨貯金では全資産を失う危険がありますが、FXでは預けた証拠金以上の損失は生まれません。

外貨預金はFXに比べて、積極的な取引は行われませんが、1回の手数料が10~20銭程度のFXに対して、外貨貯金は1回につき2円程度の手数料という、100倍近い手数料がかかります。 手数料は1回の取引ではなく、1回の取引で1ドルあたりにかかるので、何度も取引をしていたり、高額のやり取りをしていると、FXと外貨貯金では手数料に大きな差が出来てしまいます。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved