スプレッド

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX投資の基礎知識

スプレッド

スプレッドは、FXにおいて手数料の代わりとなるもので、売りと買いの差額差の事をいいます。現在、数多くの投資商品がありますが、どのような投資商品にも取引を行う際に、手数料を取引の媒体となっている、専門業者や証券会社、また銀行などに支払います。しかし、FXの場合はスプレッドが手数料の代わりになっているので、手数料自体は無料である事がほとんどです。

ある通貨を買おうとしている人の最大値と、売ろうと思っている人の最小値差がスプレッドになりますが、FX投資を行う場合は、このスプレッドを考慮した取り引きを行う事が、損をしない投資につながります。

スプレッドは各FX業者によって異なり、業者によって利益率は大きく異なります。つまり、FX業者は自由にスプレッドを決める事が出来るので、手数料を0円として、スプレッドに手数料分を上乗せしているのです。この為、投資を行う側からすると、スプレッド差の少ない低スプレッドがよいとされています。

現在は、多くの業者が低スプレッドを掲げていますが、何か金融市場に大きな影響を与える事件が発生すると、スプレッド幅は広がりやすいとされています。また、通貨の流動性が高いと、スプレッド幅は小さいと言われています。

単に手数料無料としているだけでがは、手数料分はスプレッドに上乗せして請求している場合があるんので、手数料の安さだけでFX業者を決めないようにし、総合的にこちらが損しない業者と契約するようにしましょう。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved