スワップ金利

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX投資の基礎知識

スワップ金利

初心者がFXを行おうと試みて、挫折してしまう要因の一つに、専門用語の難しさがあります。しかし、単語自体は聞き慣れない言葉でも、実際にはさほど複雑ではありません。FX投資においてスワップ金利は、スプレッドと混同しやすく、分かり難いとされています。スワップ金利は、異なる通貨を売買した際に発生する金利差の事で、FX投資で利益を出す上で非常に重要な要素となっています。

各通貨毎に金利があるので、異なる通貨を取引する場合には、各通貨の金利についても取引する必要があります。外国の通貨を購入すると、その通貨の金利を受けとる事ができますが、その通貨を購入する為に支払った通貨の金利を支払わなくてはなりません。

日本の場合、銀行に貯金をしていてもほとんど金利がつかないことから、超低金利が続いていることがわかります。日本に比べればどの国も高金利ですが、例えば円の金利が1%で、ドルは10%であった場合に、ドルを円で購入すると2つの通貨の金利差となる9%分の金利を受けとることが出来ます。

しかし、ドルで円を購入する場合には、金利差の9%を支払わなくてはなりません。この為、FX投資を行う際には、スワップ金利を考慮して投資を行うことも重要とされています。スプレッドは幅が小さい方がいいとされていますが、スワップ金利に関しては、幅が大きい方が利益につながります。

FX業者を選ぶ際には、低スプレッドで高スワップ金利となっている業者が、利益率を高くして取引が出来るとされています。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved