FX投資のデメリット

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX投資の基礎知識

FX投資のデメリット

株式投資や外貨貯金に比べて、たくさんの魅力があるように感じるFXですが、メリットの分だけデメリットもあります。 一般にFX投資は、ハイリスクハイリターンと言われており、高いレバレッジで大きな収益を上げる事が出来る分、大きな損失となる可能性もあります。

レバレッジを高くかければ、かけるほど、資産運用の効率はあがりますが、その分ロスカットが起こりやすくなります。10万円の資金がある場合に、レバレッジが1倍の場合は、10万円分の取引しかできませんが、レバレッジを10倍にかけると100万円の取引を行う事ができます。

しかし、1万円の損失か出てしまった場合、1倍のレバレッジで取引していると1万円の損失となり、まだ証拠金は9万円残っていますが、10倍のレバレッジをかけていた場合、1万の損失に10倍のレバレッジがかかって10万円となり、預けた証拠金は全て失われてしまいます。FXのレバレッジは、一瞬で大きな収益となる場合もあるし、損失になることもあるのです。

多くのFX業者が、証拠金以上の損失になる前に、証拠金の何%になったらロスカットをするようにして、証拠金以上の損失がでる前に損失を防ぐようにしてはいますが、一度に証拠金以上の損失が出た場合などは、ロスカットをする余裕もなく、生じた損失はFX業者に支払わなくてはなりません。ロスカットがあるから、絶対に証拠金以上の損失がでないという事はないのです。

また、FXは貯金などと違って、FX会社が倒産した場合は預けた証拠金は保証されず、全損となってしまいます。FXは外貨に投資するので、国が潰れない限り価値が無くなる事はないとされていますが、株式で企業が倒産して価値が無くなるのと同様に、FX業者が倒産すれば、預けた資産は無くなってしまいます。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved