チャートの見方

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

FX 初心者の為のFX講座

チャートの見方

FX投資を行う上で、チャート分析はかなり必要となってきます。チャートの分析をしても、必ず利益が出るとは限りませんが、チャート分析をせずに利益を出す事は、ほとんど出来ないでしょう。

チャートを記録して、今後の予測を立てて行く事をテクニカル分析といいますが、テクニカル分析は、プロのアナリストも行っており、テクニカル分析の結果世界の為替市場が大きく動く事もあります。ただ、少し専門的なグラフとなっているので、初心者には分かり難く断念してしまう人が多いとされています。

チャートとは、為替レートの値動きを時間ごとに記録したグラフで、X軸が時間、Y軸は為替のレート価格を表しています。チャートの特徴としては、ローソク足という独特な表現が用いられている事です。

為替の値段の動きをローソクで表現しており、ローソク部分に値段の始値、終値、高値、安値といった4つの情報が含まれています。チャートには、白いローソクと黒いローソクがあり、白いローソクの場合は上げ相場を、黒いローソクの場合は下げ相場を表しています。

ローソクには上と下に紐が伸びている事があり、紐の最も高い値は高値、低い値は安値を表しています。また、白いローソクの場合下の太線が始値、上の太線が終値を表しており、黒いローソクでは逆に下の太線が終値、上の太線が始値を表しています。 チャートには、1日に値動きを表したものから、1週間、1ヶ月といった期間を表したものがり、デイトレードや中期間取引などに合わせて、見るチャートの種類を変えていきます。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved