中期取引

FX投資の基礎知識

FX 初心者の為のFX講座

Fx投資のスタイル

FX業者の比較

FX以外の投資

FX投資パーフェクトガイド

Fx投資のスタイル

中期取引

FXにおける中期取引は、数日~1週間の間隔で取引を成立させる投資スタイルです。中期取引を行う場合は、デイトレードとは違って為替が社会の影響を受ける時間があるので、ニュースや経済指標などをしっかり学び、現状をしっかり分析して取引したい人に向いています。逆に、経済指標を読む力がなかったり、世界中のニュースをきちんとチェックしたり、チャート分析などが苦にならない人でないと、難しいとされています。

長期取引の場合にも社会情勢やチャート分析は反映させる事が出来ますが、中期取引の場合は、まさに今の現状から生じた値動きを予測していくので、長期取引に比べてすぐに結果を確認する事が出来ます。

FXの中期取引では、レバレッジあまり高くは設定せず低く設定しておくほうがいいとされています。中期取引の場合、デイトレードに比べて、1回の取引で生じる利益が大きいので、レバレッジを高くかけてしまうと、損益も大きくなる事になります。

中期取引は、デイトレードに対してスイングトレードとも言われ、週末にじっくり投資するスタイルが多く、社会人に多い投資スタイルとされています。平日はニュースなどで社会情勢を確認して、週末にじっくり投資を行います。

中期取引では、ポジショントレードという方法がよく行われます。自分でポジションを立てて、周囲と調節しながら、崩したり伸ばしたりして調節していきます。 中期取引では、長期取引のようにしばらく放っておくといった心のおおらかさはなくても、デイトレードのように1日変動を追って、一瞬の判断を迫られるような取引は苦手な人にお勧めです。

Copyright (C) FX投資パーフェクトガイド All Rights Reserved